このサイトは、お使いのブラウザーに対して限定的なサポートしか提供していません。Edge、Chrome、Safari、Firefox への切り替えをお勧めします。

Making Flow

shopify 制作ご依頼まで

ECサイト制作に必要な手順

STEP ①

Cosulting

まずはお気軽にご相談下さい

まずはご依頼するかどうかは別にして、聞きたい事は何でも聞いて下さい!shopifyの専門にしている弊社があなたの疑問に何でもお答えいたします!

もし弊社に聞いてみて「あ、良さそうだな!」なんて思って頂けましたら、ぜひ「STEP2」にお進みください!

フォーム

STEP ②

Planing

ご希望に合うプランをご提示

やりたい事や、予算などに応じて制作の進め方は色々方法がございます。

まずはいくつかプランをご提示します。その中から取捨選択をしてプランを決めましょう。
また弊社では用意できないデータなどはお客様にご用意をお願いする事も多々出てくるかと思いますので、計画を確認しつつ進めて行きす。
ここで出来る出来ないの判断を間違えると後で齟齬が発生しやすいので、ここはshopify専門家の腕の見せ所と思っております。

STEP ③

Contract

ご希望に合うプランでご契約

ご希望を伺いまして、今後の段取りや納期なども含めて合意できたところでご契約となります。

ご契約後は追加作業がなるべく発生しない様に致しますが、お客様が「やっぱりこの機能も欲しい!」等のご相談はもちろん可能ですので、そう言った場合は随時ご相談頂けます。

STEP ④

Building

制作に取りかかります

まず最初に「フレームワーク」の確定させましょう。(プランニングの中である程度提示してる場合もございます)
次にデザインを入れる場合は「デザイン」製作が個々の段階で挟まり、デザイン確定後に実際にshopify上にECサイトを「構築」していきます。
この間商品登録なども裏側で進められる所も進めて行きます。

STEP ⑤

Let's Starting

お店のオープン

構築が終わりまして、点検が済みましたら納品。
いよいよ出来上がったお店を世に公開する時がやってきましたね。
弊社では最初の1ヶ月は無償サポートを行っておりますので、まず最初の1ヶ月でshopifyに慣れて行きましょう!

Operation

保守運用について

Additional STEP

Whta you need?

継続的なECサイト運営に必要な事

ECサイトは納品した後からがお客様にとっての勝負です。

当然慣れない作業で大変な事やサポートが必要な部分もあるかと思いますので、弊社では保守や運用についてのサポートも行っております。 保守だけ、運用もお願いしたい。マーケティングは?
心配な事は何でもご相談ください。
御社のECサイトが繁盛する事を常に祈っております!

下記記事もご参照ください

Pricing

shopify の制作費

概算費用は下記の通りとなります。
オプションやアプリの設定数などが増えますが、出来る限り明示致します。

イージープラン

簡単でいいから納期を早くしてほしい方!(最短2週間)

スタンダードプラン

テンプレートを改造しながらオリジナル感を出したい!
機能面も強化したい方向けのプラン

プレミアムプラン

デザインからしっかりと設計!
機能も充実したサイトを作りたい方向けのプラン

shopify専門のワケ

弊社はshopifyをほとんど専門に扱っている為、日常的にshopifyの業務を繰り返しています。
(当たり前っちゃ当たり前ですね)

shopifyって進化が凄く早いんです!そして日々物凄く機能アップして売上げを上げる為の仕組みが組み込まれていきます

ついて行くのに必死

まさにITの世界で最先端を突き進んで行くので、それに強制的に付いて行かないと制作会社としておいて行かれしまうので、毎日必死です。

専門会社でどうにかついて行けるペースなので弊社は専門にするしかなかったんですよね。

でも、shopifyを使う側としては強制的に世界の最先端を提供されちゃうので、使いこなせればこれ以上ない武器です。

フォローアップは任せて下さい

弊社にお任せいただければ、ガンガン追加されていく新機能などは弊社がフォローアップしていきます。

専門企業ならではのスピード感と言うのはこの時代とても強みだとは思っておりますので、まずはご気軽にご相談くださいませ

村田

お問い合わせ

お問い合わせ

何でも聞いてみて下さい。

コラム

【shopify】後払い決済って出来るの?種類や導入法も解説

shopifyでECサイトを作る場合に気になるのが、どんな決済が扱えるのか? クレジットカードは当たり前に使えるとして「コンビニ払い」「QR決済」「携帯キャリア決済」などある中、最近増えている「後払い決済」なども利用できるのか? と言う疑問をお持ちじゃないですか? この記事では「後払い決済」とは何か?導入してどんなメリットが?などを解説していきます! 目次 後払い決済とは? 後払い決済とは、文字通り「後から払う」事になるので、決済時にはお客さんはお金がかからず、銀行振込やコンビニ払いでお金を支払うサービスになります。 導入するメリットで大きく上がられる部分として クレジットカードをネットショップで使いたくない顧客にも買い物してもらえる 後払いなので「今」お金がなくても支払える 後払いなのでだまされる心配などはしなくて済む など、買い物するユーザーとしてはメリットが大きいサービスになっています。 怪しげな商品を送り付けられた場合にも、支払いをする前に交渉が可能な事もありユーザーの購買心理としては比較的軽くなるので、安心感も強い物。 また、昨今ではクレジットカードの不正利用も増えています。そう言ったユーザーの心配もある中、注目されて伸びているわけです。 クレジットカードと同じく「分割払い」に対応した後払いサービスもあるので、そう言った点も利用者目線では非常に使いやすいと思います。 店舗側にもメリット 店舗側にも結構メリットは多い事があります。よくあるメリットの2点が 支払いを待つ必要がない 在庫のキープをする必要がない この2つです。 どういう事かと言うと、「後払い決済」の場合、決済された金額をユーザーから回収する仕事は「決済会社」になります。 ユーザーは決済会社の信用調査を通過したのちに使う事が可能になるので、クレジットカードと似たような信用調査を通しての販売になります。 その為決済が入ったその瞬間に売り上げは確定です! 例えば「コンビニ払い」をユーザーが選択していたとしても、コンビニでの支払いを待つ必要はありません。もうその売上は確定ですので、そのまま物を送って大丈夫。代金については決済会社からEC事業者に振る込まれる事になります。 仮にコンビニ払いをユーザーがしなくても、債権の回収は決済会社がやってくれますので、未入金リスクがないのは大きなメリットです! また、後払いではない「通常のコンビニ払い」では未入金の状態ではまだ売上が確定していないので、商品の発送も待つ必要があります。その場合一番困るのは在庫のキープ。 売れる予定はあるんだけど、入金がない・・送れない・・・でも他に欲しがってる人いるんだよなぁ。 と言う機会損失の可能性もあるのですが、後払いを利用する事でその悩みとはおさらばです! 似たようなケースに「代引き」の受け取り拒否もあります。買っといて何で引き取らないんだ!!と思いますが、世の中には一定数常識が通じない人がいるので、EC事業者はそう言った非常識な方への対応も必要になります。が、後払い決済はその債権回収は決済会社に任せらえれるので、結構気持ち的にも楽です。 shopifyでも使えるの?...

Shopifyの構築支援を利用するメリットと具体的な効果

Shopifyの構築支援を利用するメリットと具体的な効果 ホーム » コラム一覧 » Shopifyの構築支援を利用するメリットと具体的な効果 ECサイト成功の秘訣!Shopify構築支援で得られるメリットと具体的な効果 Shopify構築支援のメリットは、時間と労力の削減、専門家の知識と技術の活用、サイト改善提案です。具体的な効果としては、ビジネスパフォーマンス向上、集客力や販売力の強化、海外市場への進出支援が挙げられます。 Shopifyの構築支援で得られるメリットと具体的な効果とは Shopifyの構築支援を利用するメリット 構築支援による時間と労力の削減 Shopify構築支援の大きなメリットとしてまず挙げられるのが、時間と労力の削減です。ECサイト設立に当たっては、商品の登録、ページデザインの選択、決済方法の設定など、非常に多くの作業が必要となります。これらの作業は繁雑であり、相応の時間と手間を必要とします。 Shopify構築支援を利用すれば、専門知識を持つプロが漏れなく、かつ効率的にサイト構築を行います。これにより、運営者は商品開発やマーケティング戦略の策定など、ビジネスの他の重要な要素に集中することができます。 プロフェッショナルの知識と技術の活用 Shopify構築支援サービスを利用する一つの魅力は、プロフェッショナルの知識と技術を最大限に活用できることです。Shopifyはその特性上、自社で導入・運用することも可能ですが、専門知識が必要な部分も多々存在します。例えば、多言語対応やSEO対策、各種プラグインの選定と設定など、これらを最適化するためには豊富な経験と専門知識が必要となります。 プロフェッショナルな支援により、自社スタッフが試行錯誤する時間を短縮し、より質の高いECサイトを迅速に構築することが可能となります。また、トラブル発生時の迅速なサポートも期待できます。 専門家の視点からのサイト改善提案 Shopify構築支援を利用する大きなメリットとして、専門家の視点からのサイト改善提案があります。具体的には、ECサイト運営に関わる複雑な課題や問題点を、専門的な知識と豊富な経験を持つプロフェッショナルが解決します。 例えば、サイトのデザインやレイアウト、ユーザー体験(UX)、SEOに対する有効な策など、気づかなかった問題点や改善点を洗い出し、最適な改善方法を提案します。これにより、ECサイトのパフォーマンスを最大限に高めることが可能となります。専門家のサポートを得ることで、ECサイト運営の成功確率が格段に上がります。 Shopify構築支援の具体的な効果とは? 導入後のビジネスパフォーマンスの向上 Shopify構築支援を受けると、ビジネスパフォーマンスの向上が期待できます。特に、専門家の手による適切な設定と管理で、サイトの操作性やユーザビリティが向上し、これが購買率の上昇に直結します。 特にユーザビリティの向上は、訪問者に対してストアの操作が容易であるという印象を与え、結果として購買率の上昇につながります。また、構築支援により適切なデザインや機能が選択されるため、ビジネスの具体的なニーズに対応したサイト構築が可能になります。そのため、Shopifyを最大限に活用したビジネス運営が可能となり、結果的にビジネスパフォーマンスの向上を実現します。 集客力や販売力の強化 Shopify構築支援を利用すると、集客力や販売力の強化が期待できます。その一つが「マーケティング戦略」の導入です。専門家の力を借りて、SEO対策やSNS連携、メールマーケティングなど、多岐にわたる戦略を構築します。 例えばSEO対策では、適切なキーワード選定や内部・外部リンクの最適化により、自然検索からの流入を増やすことが可能です。また、SNS連携では、FacebookやInstagramなどとショップを直接連携させ、広告展開や製品のシェアを容易にし、集客力を強化します。 これらの戦略は、ビジネスの規模や目的に応じてカスタマイズ可能です。実際の運用フローは専門家がサポートするため、安心して取り組むことができます。その結果、Shopify店舗の販売力を一段と引き上げることが可能です。 海外市場への進出支援 Shopifyの構築支援は、海外市場への進出を助ける貴重なサービスです。越境ECサイトの構築において、言語や通貨、税法などの地域特性に対応するための専門知識が必要となります。Shopify構築支援は、これらの専門知識を持つプロフェッショナルたちが提供するサービスであり、彼らの知識と経験により効率的かつスムーズに海外進出を実現することが可能となります。 また、Shopifyは全世界のECサイトの2割が利用しており、その中でも特に米国市場では多くのシェアを持っています。Shopifyは全世界に広く認知されているプラットフォームであり、その構築支援を利用することで、海外市場におけるビジネスの成功率を高めることができるでしょう。...

Shopifyを構築する際の費用相場と構築費用の節約方法

Shopifyを構築する際の費用相場と構築費用の節約方法 ホーム » コラム一覧 » Shopifyを構築する際の費用相場と構築費用の節約方法 Shopifyを構築する際の費用相場とは?構築費用節約のポイントも解説! Shopify構築の費用相場は幅広く、基本機能のみの場合から、オリジナルデザインや大規模なECサイトまで多岐にわたります。Shopify構築費用の節約方法として、Shopifyペイメントの活用や必要な機能のみ追加することが重要です。 Shopifyを構築する際の費用相場と節約のポイント Shopify構築の費用相場 Shopifyを利用してオンラインショップを設立する際、必要な費用はその規模や機能により変わります。以下では、一般的なShopify構築の費用相場をご紹介します。 基本機能を含むECサイトの費用相場 Shopifyを用いてECサイトを構築する場合、基本機能のみを搭載したサイト構築の費用相場は約30万~100万円となります。この相場はShopifyが提供するデザインテーマを使用し、商品登録や送料設定などの基本設定を含む場合のものです。 具体的な作業内容としては、ショップデザインの設定、Shopifyアカウント取得、ドメイン設定、商品登録、Shopifyペイメント設定、送料設定、無償公式テーマの設定などが含まれます。 なお、依頼内容が増えると構築費用も高くなるため、予算とニーズを見極めて選択することが重要です。独自の運用が必要なく、取扱商品点数が少ない初期段階の事業者は、この範囲の費用で十分対応可能です。 オリジナルデザインを含むECサイトの費用相場 Shopifyにおけるオリジナルデザインを含むECサイトの構築は、コストが大きく変動します。特に、自社ブランドに特化した独自のデザインや高度なカスタマイズ、マーケティング戦略の実装、売上分析を含むECサイトの制作には、100~300万円程度の費用がかかることが一般的です。 これらの費用は、「HTML」「CSS」「JavaScript」などの専門的な知識を用いたプログラミングが必要となります。また、Shopifyの導入サポート費用も含めると、最低でも100万円程度は見込んでおく必要があります。 大規模なECサイトの費用相場 大規模なECサイトを構築する場合やフルカスタマイズを行う場合の費用相場は、300万円~1,500万円程度です。既存のパッケージやシステムでは対応できない独自機能が必要な場合には、新規で開発する必要があり、その結果として費用が増加します。また、企業の基幹システムとの連携が必要な場合には、構築費用が1,000万円を超えることもあります。 Shopifyの構築費用の節約方法 Shopifyペイメントを活用する Shopifyの構築費用を抑える方法の一つとして、Shopify独自の決済サービス「Shopifyペイメント」の活用が挙げられます。Shopifyペイメントは、Shopifyが提供している独自の決済サービスであり、販売手数料が無料になります。また、管理画面での決済情報をリアルタイムで確認できるうえ、購入手続きの手間が省かれることにより、カゴ落ち率の低減にも寄与します。 年間契約を検討する 年間契約をすることも、Shopifyの構築費用を節約する方法の一つです。1年契約では25%offとなり、長期契約により費用を節約することができます。 必要な機能だけを追加する Shopifyの構築費用を削減するには、自社に必要な機能だけを選択し、余計な出費を避けることも重要です。豊富な機能を含むプランは魅力的に思えますが、自社にとって不要な機能も同時に付いてきます。必要な機能だけを選択し、追加費用を最低限に抑えることが重要です。Shopifyではプランをアップグレードせずに、必要な機能だけを追加・契約することが可能です。無駄な出費を避けるため、必要最低限の機能に絞ってコストを抑えましょう。 株式会社Cave de Scriptが適正価格で最適なECサイト構築をご提案!...

もっと見る

カート

これ以上の商品は購入できません。

カートが空です