【shopifyのアプリ】全体の仕組を知っておこう

shopifyはアプリを追加しながら機能を増やしていけるのがとっても魅力的です。

アプリのおかげで本当に色んな機能が追加できるし、必要な時に必要な分だけ買うような仕組みなのでお店の都合に合わせて増やしたり減らしたりも出来るので、スモールスタートからの大型ストア実現が出来るのも、アプリあってこそです!!

そんなアプリですが、ちょっと気を付けなきゃいけない事もあるので、この記事では特定のアプリと言うよりか、アプリの全体像として知っておくべき事を解説していきます。

特にわざとデメリット協調気味ですが、実際にはメリットの方が多いので最後まで読んでみてください!

アプリの概念から整理しよう

shopifyのアプリの凄い所は、作っているのがshopifyではなくて別の会社・・・いわゆるサードパーティーと言われる会社が作っている所です。

他のASPだとASPの会社自体が用意したアプリを追加していく感じなので、ASP側が用意した機能なら使えるけど、それ以外は使えない!と言うのが多いかと思いますが、shopifyはサードパーティーにアプリ開発を委ねる事で、1社では到底なしえない幅広い機能を集めているのが特徴です!

イメージとしては「iPhoneのApple Store」とか「AndroidのPlay Store」と同じ感じ。

要するにAppleはiOSを提供して、そのアプリは他の会社が作ってますよね?スマホ用のゲームとか想像するとわかりやすいかと思います。ゲームはAppleが作ってるわけではないわけですよね?

Appleが用意したプラットフォーム上でアプリ会社に儲けてもらう

shopifyのアプリもこれと同じです!

shopifyと言うプラットフォームを提供して、アプリ会社に儲けてもらう!

と言う仕組みになっているわけです。

もちろんAppleにはAppleのオフィシャルアプリがあるように(例えばブラウザのSafariとか)shopifyのオフィシャルアプリと言うのも存在しています!

アプリの概念としてはスマホと同じと言う理解で進めると話が早いかと思います。

アプリはどうやって動くか?

スマホみたいにサードパーティーのアプリを追加すると言う事は、お金はかかる可能性があるのは判ると思ますが、それと同時に理解しなくてはいけないのは「サーバーもアプリ会社のサーバーで動く」と言う事実です。

毎度ゲームがわかりやすいので、今回もiPhoneに入れたゲームで例えます。

ある時流行っていたゲームが長い年月をかけて下火になってくると「サーバーを閉じる」時がありますよね?つまりいままでやっていたそのゲームが・・・出来なくなる瞬間です。

あんなに課金した懐かしのゲーム。あの課金どこに消えてしまったんだろう・・・と思いますが、課金したお金が返ってくるわけでもなくゲームは使えなくなります。

なぜなら別にゲームのサーバーはAppleが用意したわけではなくて、ゲーム会社が用意していたからです。当然のようにその保証をAppleがしてくれるわけでもありません。

また「計算機」ぐらいのお手軽アプリの場合は、特にサーバーを必要としないのでダウンロードしたらずっと使える。これもわかりやすいと思います。

shopifyもこれと全く同じです!!

簡単なアプリに関してはダウンロードしたらお店その物にインストールされて、お店内で完結できるので、ずーっと使えます!

しかし高機能アプリはその処理の一部(もしくは大部分)をアプリ会社のサーバーで行うことになります。アプリ会社からしてみれば自社のサーバー上で色々動かす方が楽だったりもしますしね。

その分色んな機能を追加できるし、とにかくめちゃくちゃ便利なアプリが誕生して行くわけです!!

本当に日々切磋琢磨してアプリ会社さんが開発しまくってくれているので、機能は豊富なんてもんじゃないですね!

が、ここまで読んで気が付いたと思います。

アプリ会社がサーバー閉めたらどうなるの??

・・・はいっ!正解です、使えなくなります・・・

アプリ選びは継続性も大事!

アプリの追加で様々な機能が追加できるのがshopifyの魅力で、これが他の追随を許さない要素なのは間違いないのですが、アプリが乱立しまくって似たような機能が沢山出ています!

例えば定番の「気に入り登録」をするアプリを検索すると96種類出てきます(2022年9月現在)

そのレビュー数を見ると多い物は1700レビューを超えていますが、少ない物は0レビューです。「レビュー数 = インストール数」ではないですが、見やすい指標としてはレビュー数を参考に利用者数を推定しています。何故なら

利用者数が多いアプリは継続する可能性が高いからです!

トップクラスのアプリと言うのは当然その製作元は儲かってます!!このアプリをやめたいわけがありません!と言う事は継続するアプリです!!

一方マイナーなアプリは競争の中で淘汰されていく可能性が高いので、正直に言って基幹業務に取り込むのは躊躇します。

ちょいとした機能でしたら、別のアプリをまた入れればいいですが、そのECサイトの根幹となる部分にマイナーアプリを使ってしまうとアプリ会社の都合次第である日突然サイトの継続自体が困難になる可能性があるわけです。

ここは非常に悩ましい問題なのですが、日本製アプリの継続性は若干の疑問があります。日本製アプリは使いやすいくていいのですが、シェアが日本だけなので、アプリ会社の収益性には疑問符が付きます。

一方英語製のアプリはシェアが地球です。日本だけに売れるアプリと、地球中に売れるアプリ、果たしてどっちが継続性があるのか?答えは言わずもがなです。

ちなみに、その収益性に差があるので日本製アプリは同じ機能でも高いのが一般的です。日本製アプリの場合はより慎重にインストール数を想定する。

あらかじめこれは念頭に入れておいて良いと思っています。

まとめ【アプリはメリットの方が大きい】

ここまでひたすら、なんならデメリットが多くないかい?と言う書き方をしているかと思いますが、そんなことは当然ありません!

アプリにはメリットの方が圧倒的に大きいです!

だって、本当に沢山のアプリがあるんですよ!設定が超絶難易度高いアプリなんかもありますけど、その分本当に「え?こんな機能もあるの?」「おおぉぉぅ。これもあんのかーい!」的なアプリまでなんでもあるんです!

例えば「MultiVendor」を使えばモールが作れちゃうし

BookThat Appを使えば予約サイト(ホテルとか美容室とか)

購買後のアップセルを狙うならRecover post

なんて選択肢もあります。

上記紹介アプリは超高機能系で設定その物の難易度も異常に高いく、設定を誰かにお願いする必要は出てくるかと思いますが(それが弊社だと嬉しいww)超絶便利です!

またアプリ設置による弊害・・と言うか機能の競合なんかも発生はしますので、その辺についても知っているプロ(弊社も入れたあげて!)がいればサポート出来ますし、とにかく将来にわたって色んな機能がいくらでも詰め込めるのがshopifyの凄さです!

アプリについて正しく知って使う

これが出来ればどんなお店だって作れ事は間違いがないので、一応デメリットも抑えておきましょう!と言うお話でした!

何度もいいますけどアプリは最高です!!